スキーのまち富良野

富良野滑雪場的歷史

History of Furano Ski Resort
・1912年(明治45年)
北海道にスキーが伝わった(レルヒスキー指導in旭川)
鉄道関係の登山愛好家たちが北の峰の冬山を滑りはじめた。
北の峰はもともとは山スキーのゲレンデだった。
・1931年(昭和6年)
林次郎(当時の林野局札幌市局富良野出張所)が富良野西岳に山小屋を建てて、それを「北の峰小屋」と名付けたことから「北の峯」と呼ばれるようになる(北の峯スキー場開設)。
・1947年(昭和22年)
第1回全道滑降競技会が開かれ、毎年大きな大会が開かれるようになる。
・1956年(昭和31年)
高松宮様(昭和天皇の弟、スキー愛好者)を招待する。ゲレンデの魅力は高く評価されるが「リフトの無いところはスキー場とは呼べない。」といわれる。
・1962年(昭和37年)
市民から広く出資を募り「北の峯観光開発株式会社」設立 ロッジとリフトを整備した。<スキー場としての営業開始>
・1975年(昭和50年)
第30回冬期国体、全日本スキー選手権
・1977年(昭和52年)
アルペンワールドカップ富良野大会開催→富良野の地名を世界にアピールするためスキー場名を<富良野スキー場>に変更
・1982年(昭和57年)
富良野ゾーンオープン
・1995年(平成7年)
この年までアルペンワールドカップを10回開催
インゲマル・ステンマルク、フィル・メーア、ピルミン・ツルブリッケン、マルク・ジラルデリ、アルベルト・トンバ、エリカ・ヘス、マリア・バリザーなどの参加選手の直筆サインを北の峰ZONE白樺ヒュッテで見ることができる。
・2002年(平成14年)
富良野ロープウェー(101人乗り)運行開始
・2006年(平成18年)
スノーボードワールドカップ富良野大会開催
・2007年(平成19年)
スノーボードワールドカップ富良野大会開催
前のページに戻る